HOKUNYUのこだわりおいしさへのこだわり

Promiseおいしさの約束

北海道の広大な土地と涼しい気候が
酪農に最も適した環境といわれています。

牛乳、煉乳、粉乳、バター、ヨーグルト、チーズ…
これらの乳製品を、気候風土に恵まれた北海道の新鮮な生乳から作り出すこと。

それが北海道乳業のおいしさの理由です。

原料のおいしさを忠実に生かす加工技術、酪農家で搾られた生乳は高度で徹底した品質管理のもと製造され消費者の皆様にお届けします。
北海道は酪農にとって最適な環境であり、ここで生産している乳牛から搾乳した生乳を原料に「産地パック」した牛乳を毎日函館から直送し新鮮なまま輸送しています。
北海道乳業では、食の安全、安心を第一に遵守し、消費者の「おいしい」の一言のために、日々追及を続けています。

Fresh raw milk新鮮な生乳を確保するために

生乳の風味を
そのまま生かしたおいしさを。

北海道の澄みきった空気と豊かな牧草で、一頭一頭大事に育てられた乳牛から絞り出される生乳は、クセがないおいしさで栄養豊富です。その背景には牛舎の衛生管理や乳牛の体調管理など酪農家たちのきめ細やかな努力があります。
北海道乳業では、こうして生まれた生乳を年間約12万トン処理しています。また、生乳は集乳される際、また当社工場に搬入されたときにも入念な検査が行われ、そこから各生産ラインに配乳します。生産ラインでも、各工程でしっかりチェックしながら生乳のおいしさを生かした安全な製品づくりが行われています。このような妥協を一切許さないこだわりの姿勢から、生乳の豊かな風味が際立つ「北海道乳業」 の商品が生まれています。

Distribution system地の利を生かした産地パックの製造体制

生乳の鮮度を守る、
スピード流通システム

「牛乳は鮮度が命」です。
牛乳には、生乳を消費地まで運び殺菌・パック詰めする「消費地パック」の牛乳と、新鮮な生乳をその産地で殺菌・パック詰めする「産地パック」の牛乳があります。

北海道乳業では、北海道という酪農に恵まれた環境の中でも、本州にもっとも近い道南という「地の利」を最大限に生かし「産地パック」を採用。道南を主体に搾乳された生乳を、当社工場ですばやく殺菌しパック詰めする「産地パック」の『北海道産牛乳』にこだわっています。そして、関東や関西などの消費地にお届けする独自の流通ネットワークで、北海道の大地が育んだフレッシュなおいしさをみなさまの食卓までお届けしています。