HOKUNYUのこだわり安心・安全への取り組み

社員全員による品質管理で、お客様の信頼に応える

北海道乳業の衛生管理、品質管理、安全対策は、平成10年に承認を得たHACCPに基づいて行われています。
これにより、工場内の施設設備の衛生、従業員教育、製造工程や機器類の点検・記録、
原料や製品の検査を徹底し、品質の向上に努めています。
「5S管理」、「工場巡回による指摘改善」、「防虫防鼠対策」、「外部からの講師、専門業者による衛生・洗浄に関する講習会」
などを通じ、社員全員が常に“品質を見極めること”を心がけています。

北海道乳業は国際規格
「FSSC22000」認証を取得しています。

北海道乳業の函館工場は、2012年7月、食品安全管理の国際規格「FSSC22000」の
認証を取得いたしました。北海道内の乳業メーカーでは初めての取得となります。
北海道乳業は、より衛生管理意識を高め、これからも安全で安心な商品を提供していきます。

食品安全方針

  1. 私たち一人一人が、食品メーカーとして“本物の自然を食卓に”をスローガンのもと、お客様に「安全」「安心」な製品をお届けすることで社会に貢献いたします。
  2. 私たちは、「安全」「安心」な食品を製造するため、FSSC220000に基づいた食品マネジメントシステムを構築、維持し、絶えず進化させていく事に努力いたします。
  3. 私たちは「安全」「安心」な食品を提供するために、法令・規制要求事項・顧客食品安全要求事項を遵守します。又、原料資材納入業者、流通業者等にもこれらの要求事項の理解と遵守を求めます。
  4. 私たちは食品安全に関する知識の向上に努め、そのために食品安全についての研修会を定期的に行います。
  5. 私たちは食品安全目標を設定し、その目標達成のために絶えず見直し、改善を行います。
  6. 全従業員に食品安全方針を周知徹底します、又、食品安全方針を当社ホームページに掲載いたします。

HACCP認証
北海道乳業の品質保証のあかし

HACCPマークは厚生労働大臣が認めた食品の衛生管理システムで、
北海道乳業は牛乳、脱脂粉乳、クリーム、発酵乳の各分野で
承認されました。
北海道乳業の品質保証のあかしでもあります。

北海道乳業は「環境マネジメントシステム」
ISO14001:2004 認証を取得しています。

北海道乳業の本社および工場は、2010年10月「環境マネジメントシステム」ISO14001:2004を取得いたしました。北海道乳業は安全で衛生的な乳製品をお届けすることはもちろん、北海道の美しい大地を大切にした製品作りを進めています。

環境方針

環境理念

北海道乳業は、かけがえのない自然の恩恵を受けて企業活動を行っております。私たちは、事業活動のあらゆる面で地球環境に影響を与えている事を認識し、積極的かつ継続的な地球環境保全の取り組みを推進していきます。

環境基本方針
  1. 環境への取り組みを環境マネジメントシステムとして取入れ、全社的な活動を行う。
  2. 製品の開発、生産から廃棄に至るまで、資源の節約及びエネルギーの削減を図る。
  3. 廃棄物発生の抑制、再資源化の推進、及び適正処理に努める。
  4. これらに関する環境法令、条例等を明確にして遵守する。